CX09ホイールの軸を丸める

たなかです。

0507_マシンななめ
幅広のX系シャーシで速く走るためにトレッドの狭小化は(多分)避けて通れない道です。
3本スポーク(画像)を逆挿ししたり、各種ホイールの軸周りをガッツリ削ってオフセット化したりすればシャーシギリギリまでトレッドを狭めることができますが、加工したCX09ホイールの見た目が気に入っているのでどうにか更にトレッドを狭めたいところ。

という訳で、ホイール軸をテーパー状に加工をして、各輪で絶縁ワッシャー1枚分トレッドを縮めるための加工を行います。小径レブマシンで既に実践していたのですが、超大径マシンではまだやったことがないので、改めて方法を…。

20160609_ビット
ホイールと620の間に絶縁ワッシャーや段付きワッシャーを挟むことなく干渉を避けるために、このビットを使用してホイール軸を削っていきます。
Busch(ブッシュ)社のスチールカッター カップ型 6.0φ 軸径2.35φ ってやつです。以前Amazonで買いましたが今は取り扱っていないようですね。
慎重にいきたい部分なのでリューターではなくピンバイスで作業します。

20160609_ホイール素
さっそくゴリゴリ削りたいところですが、軸の周りに補強の筋が入っているので取り除いてあげないとビットが干渉してしまいますね。

20160609_デザインナイフ
というわけでこいつの登場。オルファの平刃。コレです。
軸や他の部分を傷つけないように必要最低限筋を落とします。

20160609_ホイール筋落とし
めっちゃ分かりづらいですが切り落としました。

20160609_ホイール軸丸め
そんでビットでグリグリ削ってカスを除去。これで軸と620が干渉しなくなりました。
地味な作業だ…。

7月末に開催される埼玉SKCに向けてタイヤを12輪(フロント3セット、リヤ3セット)つくる予定です。
この作業が済んだら、次は表面の削り込み、インナー形成、アウター形成、ダミー装着…道のりは長い!今日はここまで!

コメント
コメントする








   

Introduction

Categories

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Archives

Links

Search this site

Profile

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM